春の足音

今週は心配していた降雪はほとんどなく、八ケ岳南麓にも着実に春の足音が近づいてきました。
写真は獣害防止用ネットの設置作業を続けている北杜市須玉町の現場近くの林道沿いで開花していたウメ。

170316ブログ

集落から遠く離れた山中の古いお墓の脇に植えられていた二本の木に、見事な花を咲かせていました。周囲には放置されて久しい古い石組みの畑や田んぼの跡が広がります。

登山の対象にならない里山には近年、林業関係者や一部の狩猟者などは入りますが、一般の住民はほとんど入らないのが多くの地域の実情です。そのためシカやサルなどの野生動物が人家近くまで活動域を広げ、ヒトとの接触機会を増やして問題化しています。
ひと気のないお墓の隣でひと知れず咲くウメの花の甘酸っぱい香りを存分に吸いながら、山仕事や野良仕事で山の中が賑やかだった往時をしのびました。

コメント

非公開コメント

トラックバック