講習会

北杜市須玉町で続けている獣害防止ネットの設置作業で、ネットメーカーの担当者が先日、設置方法の講習のため、現場を訪れてくれました。

170406ブログ

作業で特に重要なのが、主な対象動物となる鹿が飛び越えられないようにネットの高さを一定に保つこと。地上から1.8メートルの高さが基準になります。ただ畑などの平坦地と違い、山の中は地面の傾斜や凹凸などの条件がさまざま。一定の高さをキープするには追加で支柱を立てたり、地面に打ち込む支柱の角度を調整したりするなど、さまざまな工夫が必要になります。

ネットのサイズは地面をぴったりと覆う下端部の「スカート部分」を含めて幅が2メートル40センチ。50メートル単位の長さで巨大なロール状になって梱包されており、注意しないと張り縄がからまったりして取り扱いも大変です。加えて地面が岩盤などで固い場合、ネットを地面にぴったりと固定するために打ち込む樹脂製のアンカーや支柱などが刺さらず、ハンマーで鉄製の棒を打ち込んで地面に下穴を開けるなどの労力が余分に掛かります。

全体的にさまざまな困難が伴いますが、とにかく作業に習熟して体を動かすしか完了に向けた道はありません。弊社が得意とするチームワークで乗り越えていきたいと思います!!

コメント

非公開コメント

トラックバック