土場整理

うず高く積まれた木々の枝葉…。まさに足の踏み場もないといった様相です。

170529ブログ

住宅地などで木を伐採した場合、丸太は木材市場などで買い取ってもらえますが、枝葉は自社に持ち帰って、チッパーと呼ばれる重機で粉砕して土に戻すなどの処理をする場合があります。それまでに一時保管をする場所が弊社の土場。もともとテニスコートとして使われていただけに、重機やトラックなどを置いても、通常は丸太などを置く十分な広さがあります。しかしこのところ続いた伐採の仕事でさすがに手狭になってきました。
このままでは土場が枝葉に占領されてトラックなどの車両を置くスペースがなくなってしまう・・・。そんな圧迫感を多くのスタッフが抱く中、現場作業が終わった後で、N部長が重機で枝葉の山を整理し、当面の作業に支障がない状態に手早く戻してくれました。それにしても重機が小さく見えるほどの枝葉の量。若葉が付いたカラマツの枝も多く、近づくとこの時期の針葉樹ならではのさわやかな香りに包まれます。

「使えば資源、捨てればゴミ」
枝葉の山を見上げるたびに、何か有効な活用策がないものか、と思いを巡らせてしまう今日この頃です。



コメント

非公開コメント

トラックバック