草の海

弊社では植林地の下刈り作業が佳境を迎えています。今年は昨年より全般的に草丈が高く、水分をたっぷり含んだ大量の草を刈るのは一苦労。人の背丈を超える「タケニグサ」を始め、手袋や衣類越しに鋭いトゲを刺してくるバラなど、手強い相手たちがカラマツ苗の周りに繁茂しています。

170709ブログ③

一方、下刈りが終わった後の植林地は、ひっくり返ったタケニグサの白い葉裏が目立ち、目にまぶしいほど。写真では分かりにくいですが、その中に今春植え付けをしたカラマツ苗が浮かび上がるように整然と現れ、この光景を見ると努力が報われた気持ちになります(笑)

170709ブログ①

この時期の急傾斜地での下刈りは、気温や日差しの具合によっては、作業中だけで3リットル以上の水分を採る重労働。
コンディションを整えて来週もがんばります!!

170709ブログ②




コメント

非公開コメント

トラックバック