間伐体験

東京都目黒区の小学5年生を対象にした林業体験が先日、北杜市小淵沢町で開かれ、社長を含む弊社スタッフ7人が指導担当で参加しました。今回は約70人が参加し、非常に蒸し暑い天候でしたが、子供たちは間伐や玉切りなど初めての作業をにぎやかに進め、森林や林業の役割の一端に触れた様子でした。

170711ブログ

初夏から秋にかけて目黒区の小学校を対象に開かれているこの林業体験。個人的には普段、都会の子供たちと接する機会が少ないため、逆に勉強になることが多く、新鮮な機会です。子供たちはのこぎりの使い方などは慣れない様子ですが、一つ一つの作業に興味津々で、昆虫などを見つけると大喜び。自分自身の小学校時代と重なって見えて、うれしくなりました。

都会で暮らしていると林業はもちろん、自然に触れる機会がほとんどないと思います。限られた時間ですが、こうした活動を子供のころに経験してもらうことで、森林や林業の大切さや役割を頭の片隅に入れておいてもらうことが、このような体験の役割だとあらためて実感しました!!

コメント

非公開コメント

トラックバック