小屋掛け

170730ブログ①
植林地での下刈り作業が大詰めを迎えている北杜市須玉町の現場で、先日、休憩用の小屋掛けをしました。昼休みにお弁当を広げたり、昼寝をしたりする際には日陰が必須。日除けとなる木が少ないエリアに入ったため、ブルーシートで簡単な屋根を掛けました。

170730ブログ①

屋根が完成し、さあその下でお弁当を食べようと腰を下ろした途端、雨がポツポツと…。そうこうしている間に雨脚が強まり、あっという間にバケツをひっくり返したような雨が降り始めました!
小屋掛けした直後の大雨というなんというタイミング!!屋根の下だけはかろうじて濡れずに済み、何とかお弁当を食べ終えて、少し小ぶりになったタイミングで林道に停めていた車に脱出。スタッフ全員、シャワーを浴びたようにずぶぬれになりました。

このときの雨雲。離れた別の現場周辺から見ていたN部長が撮影してくれました。合成写真と見まがうほどの真っ黒な雨雲が発生し、須玉町の山間部付近を覆っています。

170730ブログ②

最近各地で頻発するゲリラ豪雨などの異常気象。八ケ岳方面も決して無関係とはいえません。年々、激しさを増す天候を前に、なすすべもなく立ち尽くしながら、異常気象の恐ろしさを味わったひとときでした。

コメント

非公開コメント

トラックバック