「クスサン」

芸術的なエメラルドグリーンの色合い、白い長毛で覆われたシルキーな外観。想像を超えたボリューム感…。
北杜市須玉町の下刈り現場に現れた巨大なイモムシ。クリの木の葉などに多く発生し、地元などでは「クスサン」と呼ばれ、年によっては大発生することもあるようです。

170802ブログ①

▲LLサイズの手袋の上でこの大きさ!!

正体は大型の蛾の幼虫で、体長は7センチほどあったでしょうか。クリの葉に付いていたものが地面に落ちたようで、クリの木の下で見つけました。

170802ブログ②

通常のイモムシを大きく超えるボリューム感と美しさで、思わず手に取ってしまいました。写真を撮った後はクリの木の枝の上に戻してあげました。

人知を超える自然の神秘を感じたクスサンとの出会いでした!!

コメント

非公開コメント

トラックバック