台風襲来

先週末から今週始めにかけて日本列島を通過した台風21号による強風で、八ケ岳山麓では道路や人家近くの立ち木が倒れる被害が相次ぎました。

171025ブログ①

そんなときは弊社の出番!重機を現場に回し、チェーンソーを携えて、スタッフが倒木処理に駆け付けます。
風で倒れた倒木は、場合によっては、幹に不安定な荷重が掛かって弓なりにしなっていたり、隣の木にもたれ掛かったりするなどして、下手に手出しをすると危険なケースも珍しくありません。しかし、さまざまな木を伐るノウハウを持つ弊社スタッフたちは、いつもの要領でテキパキと作業を進めます。

171025ブログ②

不安定な枯れ木のほか、根の深さが比較的浅いカラマツは、強風などで倒れやすいのが特徴。万一倒れて人家などに被害が出てからでは遅いのです。
今回の台風を契機に、普段から家の周りの危険木をチェックしてみてはいかがでしょうか?!

コメント

非公開コメント

トラックバック