厳寒!?

八ケ岳山麓は今朝もきっちりと冷え込みました。
八ケ岳連峰の赤岳や権現岳、南アルプス北部の甲斐駒ヶ岳、南アルプス前衛の鳳凰三山など、北杜市内から臨むことができる主な峰々は、このところの寒波で、すでに雪化粧を済ませています。

171121ブログ

写真は林内で見つけた立派な霜柱。日中でも解けずに残り、踏みつけると「ザクッザクッ」という小気味良い音を立てて崩れます。
ちなみに標高約1300メートルの弊社周辺では、昨年は11月下旬にまとまった降雪があり、その後12月に入って暖かい日が続き、山の雪も大部分が解けるという寒暖の差が激しい冬となりました。

スキー場やスケートリンクに代表されるように、冬の八ケ岳山麓の売り物はピリッとした寒さや雪。純白の雪景色を求めて訪れる観光客も少なくありません。
現場仕事をする身には正直寒さは辛いですが、観光振興の面でも、異常気象ではなく、今年こそ「例年並み」の冬になってほしい…と願う今日この頃です(^_^)

コメント

非公開コメント

トラックバック