グラップル

林業新規就業者を対象にした重機操作の特別教育がこのほど、山梨県南アルプス市で開かれました。今回教わったのは「回転式グラップル」と呼ばれる機械。丸太をつかんで移動させるために欠かせない、林業では最も一般的に使われている重機です。
今回は機体の旋回、グラップル(爪の部分)の開閉と回転といった基本操作を参加者全員が交代で教わりました。重機操作では「伸ばす」「回転する」「爪を開閉する」といった複数の動きを連続的にできなければ、現場で効率的な作業ができないだけに、参加者はみな真剣な表情です。

171126ブログ②
▲すっかり雪化粧をした富士山(写真中央右)を臨みながら行われた研修

重機操作の上達には実践あるのみ!自分の手や腕のごとく、流れるような動きでグラップルを操作する先輩たちを目標に、習熟に向けて頑張ります!!

コメント

非公開コメント

トラックバック