ワイヤー加工

先日ご紹介した「スイングヤーダ」などの架線系集材機械の研修では、ワイヤーの編み方の講習もありました。「ワイヤーの編み方」と聞いても一般の方にはピンとこないと思いますが、丸太などを吊り下げる鋼鉄製のワイヤー同士をつなぎ合わせたり、ワイヤーの先に「アイ」と呼ばれる輪を作ったりするときに必要となる技術です。

171129ブログ①
▲ワイイヤーの編み方を教える神子沢社長

講師は13歳ころからワイヤー編みを始めた(!!)という神子沢林業(山梨市)の神子沢社長。太いワイヤーを構成するもとになる「素線」と呼ばれる細いワイヤーの径が太いほど強度が高いものの、硬性が強くて編みにくいなどの説明に、長年の経験に裏打ちされた説得力を感じます。

ワイヤーの編み方については奥が深く、ここでは説明しきれませんが、強くより合わされている素線の束の一部のよりを戻し、そこにできたすき間の中に、もう一方の末端の素線の束を差し込んだ後、よりを戻して締め上げる…分かりにくいですが、簡単に書くとこのようになります(^^;)素線の束同士のよりを戻すときには、束と束の間に鉄製の太いスパイクを差し込み、無理やりこじ開けるようにしてよりを戻し、素線の束同士の間に一時的にすき間を作ります。

171129ブログ②
▲末端にアイ加工が施されたワイヤー

ワイヤー加工は奥が深く、短時間で確実に編み込むには相当の経験が必要となります。上手に編み込まれたワイヤーは美しく、また強度も高く、その技術を導き出した先人の知恵と努力を感じずにはいられません。

クレーンのほか、リフトやケーブルカー、エレベーターなどにも使われている産業用の鋼鉄製ワイヤー。機会がありましたら、ワイヤー同士の連結部分などに着目してみると面白いかもしれません!!

コメント

非公開コメント

トラックバック