森の中の光景…

間伐現場で見かけた不思議な光景・・・。黄色い布に包まれて地面に横たわっているのは…まぎれもなく人です…。というか弊社スタッフです(笑)

171204ブログ

北杜市大泉町の通称「八ケ岳横断道」の上に広がるカラマツの間伐現場は標高1400メートルほどあり、寒さが戻った今日は夕方にはちらほらと雪が降る真冬のような天気でした。お昼休みも手がかじかむ寒さで、同僚のひとりは登山用のツェルト(緊急時用の簡易テント)をにくるまって地面にゴロリ…。薄い布一枚でも、くるまって寝るとかなり暖かいようで、「あーあったけぇー」と幸せそうな声が布のすき間から漏れてきました。

寒さはこれからが本番。快適にお昼休みを過ごすために、林業マンにはツェルトが必携のようです!?

コメント

非公開コメント

トラックバック