トロピカル?!

弊社が現在、搬出間伐をしている二箇所の現場のうちの一つは、標高が1400メートルほど。この冬は昨年と比べて寒い日が多く、山奥のこの現場では吹雪模様の日が珍しくありません。仕事中は体を動かしているから良いのですが、困るのが昼食時。風が強い日は「八ケ岳おろし」と呼ばれる強風がもろに吹き付け、体感温度はマイナス10度程度まで下がり、おはしを持つ手が凍えます…。このため、通常は一時間の昼休憩を30分に短縮し、早々と動いて体を温めています。

171228ブログ

写真はある日の昼食時の風景。幸いこの日は日差しが少し暖かく、ササの上に腰をかけてゆっくりとお弁当を広げました。ちなみに写っているおかずのうちの一種類は、最近山梨県でも栽培が少しずつ始まっている「青パパイヤ」のきんぴら風炒め。タバスコ系のホットソースを隠し味に加えると、トロピカルな味になりました(^-^)

極寒の間伐現場で食べる南国の味もまたオツなもの?!青パパイヤ、健康面でも優れた野菜のようなので、見かけたらぜひご賞味ください(^-^)

コメント

非公開コメント

トラックバック