一刀両断

大きな立木をむんずとつかみ、内蔵された刃でそのまま切断…(+o+)

180122ブログ①

かなり強引に見えますが、これが弊社がこのほど北杜市清里地区の現場で初めて導入した高性能林業機械「フェラーバンチャー」です。チェーンソーで伐倒するよりも格段にスピードアップを図れるのが特徴。

180122ブログ②

「蛮刀」と呼ぶのがふさわしい、巨大なナタのような刃が内蔵されていて、太い木もまさに「一刀両断」です。
ただ大きな木をつかんで伐る場合には、木の重さで重機がバランスを崩して横転したり、つかんでいた木が外れて思わぬ方向に横倒しになったりする危険が常にあります。弊社では重機操作のベテランがオペレーターを務め、一本一本確実に伐り倒しています。

伐倒作業はいまのところ順調ですが、首都圏などと同様に、本日の八ケ岳山麓は今季最大の大雪。このため弊社は本日は休工としました。標高が高い清里地区でも今晩は、かなりの積雪が見込まれています。ほかの現場を含めて、明日以降の作業への影響が気になるところ…。

大雪の様子は後日、ご報告します!

コメント

非公開コメント

トラックバック