三寒四温

今日の八ケ岳南麓は午前中はみぞれ交じりの雪、午後は冷たい大粒の雨が降りしきる荒天となりました。
多くの林業会社にとって、県有林整備などの公共事業の工期末を迎える3月は例年、繁忙期。
おかげさまで弊社はほとんどの作業が無事終了し、今日は雨が強くなる前の午前中だけ、現場作業をしました。

180308ブログ

写真は幹の曲がりが強いアカマツなどのチップ用材を出荷するため、重機で丸太をダンプカーの荷台に積み込んでいる場面。写真では分かりにくいですが、大粒のみぞれが強く降りしきる肌寒い天候の中での作業となりました。

でも本格的な春はもうすぐ。八ケ岳南麓では、比較的標高が低く、日当たりが良い場所では、早くもフキノトウが顔を出しつつあります。
少しずつ幕が開きつつある山菜シーズンの最新情報は、当ブログで随時お伝えします!!

コメント

非公開コメント

トラックバック