山の天気

八ケ岳の麓、標高約1300メートルに位置する弊社周辺は、まさに「山の天気」。下界では雨でも雪だったり、この時期でも朝方、氷が張ったりします。

180409ブログ

写真は先週のある日の朝の光景。会社の土場がすっぽりと霧に包まれました。同じ北杜市でも、こんなに濃い霧が立ち込めているのは標高が高い一部の場所だけ。標高800メートルほどの自宅周辺では霧は出ていませんでした。
ちなみに今朝の弊社周辺は若干吹雪模様の天気で、日中も雪がパラつく肌寒い一日に。三寒四温が激しすぎる今日この頃です!(@_@;)

自然の厳しさを感じることも多いですが、四季の変化を日々ダイレクトに感じられる「山の天気」。都会では味わえず、見方を変えれば、なかなかぜいたくだと思いますが、いかがでしょうか?!




コメント

非公開コメント

トラックバック