コロコロ…

先日ご紹介した二ホンカモシカに続き、森の中で暮らす動物たちの営みを感じる機会がありました。



ころころとして、まるでお菓子の「たまごボーロ」のような形です。これは何??

正解は「ノウサギのふん」です。見つけたのは清里高原の一角。草原が多い清里地区は、ノウサギにとって暮らしやすいのかもしれません。
ニホンジカと比べるとノウサギに出会う機会は少なく、普段姿を見かけることはめったにありません。「以前より生息数が減った」との声も聞くだけに、健康そうなふんを見かけると思わず安心します。
乾燥していて匂いもなし。愛らしい形のふんの姿に、心いやされるひとときでした♪

コメント

非公開コメント

トラックバック