駆け足

今年は3月以降、気温がかなり高い日が続いているため、八ケ岳山麓の山菜たちの芽吹きも10日程度、早まっているようです。
標高が低い場所では、タラノメはすでに葉が開いた状態。コシアブラも新芽がかなり成長しています。

180430ブログ②
▲食べごろのコシアブラ。場所によってはまだまだ期待できます!

180430ブログ①
▲水辺にはコゴミも。葉が開いている群生地でも、探すと食べごろが見つかるかも!?

連休真っただ中。すでに採りごろが終わった山菜でも、場所によってはまだまだちょうど良いサイズがあるかもしれません。
探すと意外なところに食べごろが見つかるのも山菜採りの面白さといえそうです♪

コメント

非公開コメント

トラックバック