脅威!

カボチャ、サツマイモ、アサガオ…。多くの植物がツルを伸ばして成長していきます。
しかしこのツル、樹木の伐採現場では、ときに脅威となります。

近接して生えている複数の木にツルが絡み合うと、伐倒時に木が素直に倒れず、他の木に巻き付いたツルに引っ張られて宙ぶらりんになるなどして、危険な状態になる可能性が高いからです。
多くの場合、ツルは人の手が届かない高い位置の枝などに絡みつき、また鋼鉄製のワイヤー並みの強度があるため、ひとが手で木を押したくらいでは、まず確実に切れません。同じツルが巻き付いている複数の木を安全に倒すには、多くの場合、重機で押してやるなどの対応が必要になります。

180517ブログ
▲フジヅルでしょうか。この太さになると、鋼鉄製のワイヤー並みの強度になります

ツルはどちらかというと、川沿いなど水気が多い場所で多く見かける印象があり、現在手掛けている北杜市武川町内の河川敷の伐採現場にもたくさん生えています。
「ツルが巻いている木は慎重に伐り、そして無理をしない」
木を伐るときの鉄則のご紹介でした!!

コメント

非公開コメント

トラックバック