のどごし

急しゅんな斜面で一日中、刈り払い機を動かす下刈り作業は、林業の仕事の中で、最も体力の消耗が激しい作業の一つといえます。
梅雨時や夏場に行うため、暑さや疲れで食欲がわかなくなってしまう場合も…。

そんな中、大ベテランの弊社スタッフの一人が昼食時においしそうにすすっているのが、密閉容器に入れた「そうめん」。ネギなどの薬味や具材をゆでためんと一緒に容器に入れ、食べる直前に持参したつゆをかけて準備完了。冷凍させた具材をそのまま容器に入れているため、ある程度の保冷効果を保てるようです。腹持ちを考えて、おにぎりも一つ、必ず持参するとのこと。

180623ブログ

「のどごしが良くておいしいよ。夏場はこれだね」

林業現場では、寒い冬場のお弁当は保温性を重視しますが、夏場は涼を求めたくなるのが心情。
「お弁当にそうめん」。暑さが本格化する時期を前に、山仕事に関わらず、さまざまなシーンで応用できるかもしれません♪

コメント

非公開コメント

トラックバック