つめあと

各地に大きな被害をもたらした台風24号は、八ケ岳山麓を含む山梨県内にもつめ跡を残しました。主な被害は強風による倒木。カラマツやアカマツが家屋の近くや道路上に倒れるケースが相次いだほか、別荘地などの路面に敷かれた砕石が、大雨で幹線道路に大量に流れ出した箇所も多くありました。

181001ブログ②

181001ブログ

181003ブログ

こうした事態を受け、弊社も風倒木の処理班を編成して対応しました。ただ一部では、沢からあふれ出た大量の雨水で路面の下が削られ、復旧に時間がかかりそうな箇所も見られました。

大型台風が列島を相次いで縦断するのは異例とのことですが、この夏の熱波を思い起こせば、地球の気候が大きく変化してきている気配を感じて、不安を覚えます。
自然に対して謙虚に生きていくことの大切さを身に染みて感じた一日となりました。

コメント

非公開コメント

トラックバック