紅葉前線

朝晩の冷え込みに伴って、八ケ岳山麓では紅葉前線が少しずつ里に向かって下りてきています。現在の見ごろは標高1300~1400メートル付近でしょうか。
北杜市大泉町の人気施設「八ケ岳倶楽部」や、清里高原への入り口となる「東沢大橋」の周辺では、平日でも大勢の観光客が車を停めてモミジやカエデなどの錦秋の山々の景観を楽しんでいます。

181023ブログ

写真は東沢大橋の上流にある通称「川俣林道」沿いでの一コマ。この林道沿いでは弊社が3年前に間伐作業を行ったカラマツの林が広がって,います。

「天高く馬肥ゆる秋」。今年は夏以降、天候不順が続いただけに、「さわやかな秋空がいつまでも続いてほしい」と感じる今日このごろです。

コメント

非公開コメント

トラックバック