「海」の幸

弊社がフィールドとしている山梨県の八ケ岳山麓は、隣の長野県の諏訪地方にも広がっています。勇壮な「御柱祭」で有名な諏訪地方と山梨県内の八ケ岳山麓は、「お隣さん」ともいえるエリアで、観光や産業面を中心に交流が盛んです。

その諏訪地方のシンボルの諏訪湖では、いまワカサギが旬の時季を迎えています。

181026ブログ

写真は休日に諏訪湖で釣ったキンピカのワカサギたち。ワカサギ釣りは生まれて初めての経験でしたが、地元の釣具屋さんで教えてもらい、仕掛けや餌を含めて数百円で購入できました。帰宅後、粉を付けて油で揚げると、淡水魚とは思えないほど臭みがなく、骨まで柔らかい上品な味を楽しめました♪

山梨県も長野県も「海なし県」で、昔は淡水魚を貴重なたんぱく源にしてきたようです。特に諏訪地方では古来、諏訪湖が「海」と呼ばれていたこともあるようです。
群れに遭遇すれば、子どもでも岸辺から簡単に楽しめる諏訪湖のワカサギ釣り。八ケ岳観光の一環にチャレンジしてみても面白いかもしれません(*^-^*)

コメント

非公開コメント

トラックバック