抜根

林業会社というと、木を伐るイメージがありますが、木を伐った後には根株が残ります。伐採跡地が宅地になる場合には、残った切り株や根っこを掘り出す必要があります。弊社は抜根(ばっこん)と呼ばれるこうした仕事も手掛けています。

今日は北杜市大泉町の皆伐跡地で作業があり、ベテランスタッフが重機で手際よくアカマツなどの大きな切り株を掘り起こしていきました。今回は大型重機を使っているほか、伐採後、ある程度の年数が経過した場所なので、「根の支持力が弱まり、予想より作業をしやすい」とのことです。

181108ブログ①

抜根でもう一つ大事なのが、掘り取った根株の運び出し。土が付いた根株は薪などとして利用するのは難しいため、専用の粉砕施設をもつリサイクル業者に引き取ってもらいます。走行中に荷崩れしないよう、ダンプカーの荷台に慎重に積み込み、しっかりと荷締めをして準備完了!!車で30分ほどのリサイクル施設に向けて出発します。

181108ブログ②

山間部の宅地造成では欠かせない抜根。目立たたない地味な作業ではありますが、意外に大事な仕事ではないでしょうか!?

コメント

非公開コメント

トラックバック