並木道

秋の恒例となっている八ケ岳山麓の防火線の草刈りと集草が今年も無事に終わりました。
かつては作業中に降雪に見舞われることもあったようですが、近年の暖冬傾向のせいか、今年は寒さを感じる日があまりないままの作業終了となりました。

写真は草刈りと集草作業が終わった防火線での一コマ。

181129ブログ

すっかり葉を落としたカラマツが並木のように整然と立ち並び、清々しい高原の雰囲気を演出しています。

乾燥した寒冷地という厳しい環境でも元気に成長するのがカラマツの特徴。八ケ岳山麓では各地に植林され、すっかり景観にとけこんでいます。ともすれば「そこにあるのが当たり前」と思われてしまいがちな八ケ岳のカラマツ。
木材資源だけではなく、八ケ岳ならではの景観資源としても、もっと生かしていきたいと思ったひとときでした。

コメント

非公開コメント

トラックバック