メンテナンス・その2

チェーンソーは刈り払い機とともに、林業では最も使用頻度が高い機械です。酷使した後は、刃の目立てとともに、内部を分解清掃します。

181226ブログ

スプロケット周りやエアフィルター、バーの溝などに付いた切粉をコンプレッサーの高圧空気で吹き飛ばし、必要箇所にグリスを封入して、再び組み上げて完了!
この時期は標高が高い弊社では、夕方になると急速に気温が低下するため、手がかじかむ中での作業となり、コンプレッサーの空気の出口が凍結することもしばしば…。

現場作業で疲れた身体には、しんどく感じることもありますが、機械整備も大事な仕事!愛機をきちんと整備することで、不具合や故障の早期発見につながるとともに、明日も気持ちよく作業ができるようになるのです(*^-^*)

コメント

非公開コメント

トラックバック