働き者

林業用の重機の中で、最も特徴的と言えそうなのが写真の「ハーベスタ」かもしれません。

20190405222011258.jpg


写真はこのほど作業が完了した北杜市須玉町の搬出間伐現場でのハーベスタによる造材の様子。ハーベスタは、伐倒、枝払い、玉切りの各工程を、1台でこなせられる働き者の機械です。
急傾斜地が多い弊社の現場の場合、スタッフがチェーンソーで伐倒し、枝払いや玉切りをハーベスタで行うケースが中心です。

コンピュータ内蔵で、設定した長さの丸太を半自動で作れる便利な機械ですが、操作には技術が必要。弊社では経験豊富なスタッフが担当しています。高額でほかの重機より使用頻度が少ないため、弊社ではレンタル機を使っていますが、搬出間伐の現場が増えるにつれて、使用機会も増加中。担当するオペレーターも大忙しです。

ハイテク機能満載の機械ですが、当然故障などのトラブルもあります。最終的には、操作やメンテナンスを手掛ける人間の役割が最も大切といえそうです!!




コメント

非公開コメント

トラックバック