リソール!

普段の仕事に欠かせないのが、写真のブーツ。
チェーンソーブーツと呼ばれ、チェーンソーの刃が万一当たっても、足を傷付けない特殊な作りになっています。

ほとんどのスタッフが会社から2足支給され、交互に履いていますが、毎日ハードに使うだけに、靴底を中心に、2〜3年で傷みが目立ってきます。

20190519154036185.jpg


写真は、すり減った靴底を、天女山史上、初めて張り替えてもらった「リソール」後のブーツ。
甲府市の登山用品店「エルク」さんを通して、さまざまなメーカーの登山靴の靴底張り替えを専門に手掛ける職人さんに依頼しました。

結果は、よみがえった&生まれ変わった履き心地!

新品時よりも厚めのソールを張ってもらい、耐久性もアップ!ソールのメーカーもビブラム社製に変更してもらい、丸太の上でも滑りにくくなりました!

リソールの料金は2万円ほどと新品を買うよりも、かなりお得!

靴全体の傷みの程度にもよりますが、足に馴染んだチェーンソーブーツを長く履き続けたい方、リソールをご検討されてはいかがでしょうか\(^o^)/

コメント

非公開コメント

トラックバック