国産!

先日、北杜市内の間伐現場にて、スタッフのF君が撮影してくれた写真です。

20190605220205dff.jpg
20190605220205dff.jpg


見ての通りタンポポですが、いまや見かける機会が少なくなってしまった在来種のニホンタンポポです。

外来種のセイヨウタンポポと異なり、花の下にある総苞片(そうほうへん)と呼ばれる部分が閉じているのが特徴で、繁殖方法もセイヨウタンポポと少し違うようです。

繁殖力旺盛なセイヨウタンポポに押されて、年々、生息域が減っている印象を受けるニホンタンポポ。
それでも都心部に比べて自然が豊富な八ケ岳山麓では、いまも毎年人知れず世代交代を繰り返しているようです(*^_^*)

身近な場所に生えているタンポポは何タンポポ??タンポポを見つけたら、こんなクイズをやってみても面白いかもしれません♪

コメント

非公開コメント

トラックバック