シーズン到来…

これからの時期、林業関係者が毎年遭遇するのがスズメバチやアシナガバチなどのハチ類。
弊社でも毎年何人かが刺されて痛い思いをしています。

有毒ハチの場合、体質によっては刺されるとショック症状が出て、危険な場合も。そこで弊社ではスタッフが毎年病院で抗体検査を受け、陽性だった場合は、刺されたときの救急救命に必要な自己注射「エピペン」の処方を受けます。

写真は先日の雨の日にスタッフ数名で受診した抗体検査の様子。

201906140508136fb.jpg


屈強な林業男子も注射は苦手(?)で、神妙な面持ちで採血を受けます。

今年も梅雨明け後は、厳しい暑さが予想され、ハチの発生が多い可能性が見込まれます。

くれぐれも今年は刺されませんように!!

コメント

非公開コメント

トラックバック