風倒木

八ケ岳南麓では、梅雨入り以降、台風並みの強風が吹いたり、一部の地域では側溝があふれるほどのゲリラ豪雨が夜間に降ったりする安定しない天候が続いています。

2019062112094880b.jpg


写真は北杜市大泉町の伐採現場。先週末の強風で、敷地内のカラマツが倒れているのを作業着手前に確認しました。幸い人家の方向には倒れなくてひと安心。
作業開始後は、危なそうな木を優先して伐っていきます。

こうしたいつ倒れてもおかしくないカラマツやアカマツが、八ケ岳山麓では、珍しくありません。

家の周りに危なそうな木はないか、台風シーズン前に、確認してみてはいかがでしょうか?

コメント

非公開コメント

トラックバック