風物詩

長雨が終わり、夏本番を思わせる青空が広がる時間が増えてきました。

写真は濃いオレンジが夏らしさを感じさせる花豆の花。アーチのように支柱にはわせて栽培している光景が、八ケ岳山麓や増富地区などの高原の夏の風物詩となっています。

20190727061751038.jpg


花豆は大粒で、人差し指の先ほどの大きさがあります。ふっくらと仕上げた花豆の煮豆は、お茶請けにぴったり。素朴な高原の味です。

栽培には、冷涼な気候が向くようで、八ケ岳山麓でも、温暖化に伴い、一部地域では、成長に影響が出はじめているとの話も聞きました。

夏の高原を彩る爽やかな風物詩として、いつまでも栽培が続けられてほしいと願いながら、スマホのカメラのシャッターを押しました。

コメント

非公開コメント

トラックバック