奮闘!

清里高原の管理別荘地で弊社が行っている森林整備事業では、林内に重機が行き来するための作業道を作設しながら、伐採や丸太の搬出をしています。

20191101051429773.jpg


林内の土質は、火山灰由来の「黒ボク土」が主体で、雨が降ると底なし沼のように泥炭化してしまいます。今秋は雨が多かったため、作業道はぬかるんだ箇所が随所に発生…。沢沿いの現場ということもあり、場所によっては、膝の上までもぐってしまうこともあり、スムーズな重機の往来や伐採作業を妨げます。

「とにかくすっきりとした秋晴れが続いてほしい…」
明日から11月。スタッフ一同、そんな願いを強くしています。

コメント

非公開コメント

トラックバック