連係プレー

重機を使う仕事の割合が増えている弊社では、一箇所の現場で、何台もの重機が動き回る光景が珍しくありません。
清里高原の別荘地内で行っている森林整備事業でも、重機4台に加え、枝葉の運搬などに使う4トンダンプ1台が常駐しています。

写真は伐倒、造材、枝の切りそろえ、運搬用重機への積み込み、運搬の各工程を連係プレーで行っている場面。

20191105214730bf9.jpg


それぞれが他のスタッフや重機の動きを常に意識するとともに、声掛けや、アイコンタクト、重機のクラクションなどで十分なコミュニケーションを取りながら、安全に作業を進めています。

油圧の働きによって極めて大きいパワーを持ち、人力では到底できない作業を短時間でこなす重機の役割は、林業で日々高まっています。
しかし運転しているのは、人であることには変わりません。

重機の力を過信せず、また自然に対する謙虚さを失わずに、明日も仕事をしていきたいと思います!!

コメント

非公開コメント

トラックバック