秋の彩り

秋が深まるにつれ、木々の鮮やかな紅葉も葉を落とし、標高が高い山や森は、モノトーンの景色に移り変わりつつあります。

そんな中、清里高原で先日伐採したカラマツの梢に、たくさんの紅い実がついたツルが巻き付いていました。

20191124075914120.jpg


花材として使われることが多いツルウメモドキというツル性の樹木。この紅い実は、特別な処理をしなくても、落ち着いた紅い色合いが持続するのが特徴です。

冬枯れの景色の中、樹上で人知れず鮮やかな実をつける山野の樹木に、生き物たちの生命力を感じたひとときでした。

コメント

非公開コメント

トラックバック