2020へ!!

開幕を控えた東京オリンピックの関連施設には、全国各地で生産された木材が使われています。
山梨県からも特産のカラマツ材が提供され、弊社が山から伐り出した丸太も一部に使われました!

先日、全国の林業関係者を招いた施設のお披露目会があり、弊社からもスタッフ2人が参加。都内の「選手村ビレッジプラザ」を内覧してきました。

20200212055819ef3.jpeg


規約上、内部の詳細な写真はお見せできないのですが、「トラスアーチ架構」などの木材特性を生かした最新技術による大型木造建築物に、参加したスタッフは感動♪

持続可能な資源として、木材への注目度が高まる中で、今後の大型木造建築物普及への先駆けとなるような施設だったようです。

外国選手も多く集まるビレッジプラザ。
見た目も美しく、木質感あふれる国産材の建物で、選手のみなさんに快適に過ごしてもらえそうです(^-^)

コメント

非公開コメント

トラックバック