サイクル

冬型の気圧配置が強まった今日、八ケ岳山麓では、標高が高い場所で雪がちらつきました。

写真は北杜市須玉町津金地区の皆伐現場でのひとコマ。伐採して開けた空間に、冬晴れの空が広がります。

20200218221005610.jpeg


皆伐後は丸太を搬出し、さらに地拵え、獣害防止ネットの設置、新たな苗の植え付け、下刈りーと良質な木を育てるための作業が、一部は来年以降も続きます。

新たに植える苗が育ち、再び伐採時期を迎えるのはいつの日になるのだろう…。
林業という仕事のサイクルの長さをあらためて強く実感したひとときでした。

コメント

非公開コメント

トラックバック