資源循環

八ヶ岳山麓の特産品として知名度が高い通称「ポッポ牛乳」。蒸気機関車をモチーフにした牛乳パックのイラストを目にしたことのある方も多いと思います。

202004131614397ba.jpeg


メーカーHPより

弊社の土場で作られた木質チップが、この牛乳を生産する地元の酪農家に運ばれ、そこで牛ふんと一緒に堆肥化され、その堆肥が、北杜市内のサクランボ農家の果樹園で活用されるー。そんな耕畜林連携のサイクルがこのほど、生まれました。

木質チップも牛ふんも利用先がないと、ごみになってしまいます。しかしそれぞれの特性を生かした活用サイクルを築けば、有用な資源に生まれ変わらせることができます。

20200413161852f28.jpeg


木質チップ、ポッポ牛乳、サクランボ♫
今後も林業がさまざまな分野とコラボレーションしていければ面白いと感じています(^-^)

コメント

非公開コメント

トラックバック