ウッディライフ

先週の暑さから一転、八ヶ岳山麓はここ数日、肌寒い日が続き、朝晩はストーブを点けている家庭もあります。

自宅で暖を取る手段として、弊社スタッフの間で利用が少しずつ増えているのが薪ストーブ。仕事柄、薪を調達しやすいという環境もあって、自宅の新築などを契機に、新たに設置するケースが出ています。

写真は自宅の新築を機に薪ストーブを設置し、DIYで薪置き場を作った若手スタッフの庭の写真。次の冬に向けた薪のストックが着実に備蓄されています。

2020052123380441a.jpeg


炎を眺めることによる心理的な安らぎと、遠赤外線によるじんわりとした暖かさが魅力の薪ストーブ。冬に向けた薪作りは、労力が掛かりますが、楽しみのひとつかもしれません。

まだ石油ストーブに頼っている身として、「薪ストーブ生活」への憧れを募らせています♫

コメント

非公開コメント

トラックバック