ハード!

カラマツ植林地での下刈り作業が今年も佳境を迎えています。
場所によっては数ヘクタールに及ぶ広さの山の中の植林地が現場。植えられているカラマツ苗の間に生えた硬い草や雑木を刈り払い機を振ってひたすら刈っていきます。

20200630143854025.jpeg


急傾斜地で足場が悪い現場も多く、またトゲの生えたバラやキイチゴ、高さ2メートルを超える巨大なタケニグサなどの繁茂にも悩まされながら、小さな苗を誤伐しないよう目を凝らして細心の注意を払いながらの作業はかなりハード。暑さも体力の消耗を促します…。

梅雨時から夏場にかけて恒例の作業ですが、身体の辛さは毎年変わりません。
しかしたっぷりと汗を流して帰宅した後のビールの味は格別。
今年も頑張ります!!

コメント

非公開コメント

トラックバック