揺りかご♫

さまざまな昆虫に出会っている今夏ですが、今回、河川敷の支障木伐採の現場で出会ったのはタマムシ。錦のように輝く翅が、古くは寺院に納められる宝物にも使われたという、まさに森の宝物です。

20200804223931dba.jpeg


幼虫から成虫までの一生を通して、エノキやケヤキの木を利用して成長、繁殖するタマムシ。雑木林の減少などで、各地で生息数が大きく減っているようです。自分自身、間近で見たのは四十年ぶり近くだったので、感激を通り越して、思わず感動しました(涙)

「さまざまな広葉樹が茂る雑木林は、多様な生き物たちを擁する揺りかご」

そんなフレーズが自然と頭の中に湧いてくる今日この頃です♫

コメント

非公開コメント

トラックバック