ピンクテープ

弊社が今春、北杜市内の三ヶ所の現場で行っているミズナラの苗の植え付け作業では、植えた苗にピンク色のテープを巻いています。これは夏場の下刈りのときに、ほかの草と間違えて刈らないようにするための目印の役目があります。

202103301752218ef.jpeg


遠くから見ると、地面にたくさんのピンク色のテープがはためき、どこか不思議な光景^^;
ちなみにこのテープには生分解性の素材が使われており、時間がたつと紫外線や微生物の力で自然分解されます。プラスチックゴミのように自然界に残りません^_^

今年は3月とは思えない気温の高さのため、日陰がない場所で一日中作業をする植え付け班は、早くも熱中症への警戒が必要に(~_~;)

来月も季節外れの暑さが続きそうな雲行き。定植した苗たちが、しっかりと根付いて大きく成長してくれることを願う毎日です。

コメント

非公開コメント

トラックバック