芽吹き

季節のめぐりが早い今春は、例年だと大型連休頃に採り頃を迎える木の芽系の山菜たちが早くも本格的に芽吹き始めています。
写真は「山菜の王様」の異名をもつタラノメ。

ED0B8B84-80FC-4C45-84DC-ABB538DF2C31-20768-00000542731593FF (1)

まだつぼみが閉じ気味で、全体的に小さめですが、あと数日で採り頃を迎えそう。「山菜の女王」とも呼ばれるコシアブラの新芽が開くのは、もうしばらく先になりそうな見通しです。

例年心待ちにしている山菜の芽吹きですが、先月以降、5月並みの気温が続いた今春は、暖かすぎるせいか、タラノメなどのアクが強い山菜を食べたいという気持ちにあまりなりません。その代わりに、コゴミやワラビなど、晩春から梅雨入り前までに芽吹くさっぱりとした山菜を食べたいという気持ちになります。

食欲も気温や季節の変化に敏感に呼応しているのだなあ…と実感する今日このごろです。

コメント

非公開コメント

トラックバック