初夏

6月の声を聞くと、八ヶ岳のカラマツ林では毎年セミの鳴き声が林内に響くようになります。ちょうど晴れの日には暑さを感じる時期で、この声を聞くと「今年も夏が近いな」と季節の変化を感じます。これは「ハルゼミ」と呼ばれる小型のセミの鳴き声で、マツ林がないと生息できないようです。
毎年当たり前のように聴いているハルゼミの鳴き声ですが、マツ林の減少に伴い、生息域が減っているとのこと。

そんな中、間伐作業中に偶然、ハルゼミの幼虫の羽化シーンに出会いました!

20210603162903272.jpeg


土の中で何年も過ごすというセミの幼虫。まさに地上に出てきて、これから羽を伸ばそうとしているタイミングでした。初めて見る景色に、いろいろなことがまだよく理解できない様子。それでも誰に教えられるともなく空中に羽ばたき、やがて繁殖して子孫を残し、成虫としての短い一生を終えます。

羽化を見守りながら、生命の神秘を感じたひとときでした。

コメント

非公開コメント

トラックバック